校長挨拶

 

東海大学付属大阪仰星高等学校中等部・高等学校 校長
 揚村洋一郎

文武両道
「学ぶ」ことは自分で体験し、納得すること

 

若き日に汝の希望を星につなげ

 

生徒一人ひとりを大切に将来に向かって

   心豊かな人生を送るための確かな教育を行う学校

 

 私たちの教育の願いは、生徒たちが将来、社会において活躍できる人になってほしい。そのための教育を目指しています。

 本校は東海大学の付属高等学校として建学の精神である「希望を星につなげ」で結ばれる「四つの言葉」を軸に創立当時から文武両道の指針の基、学習とクラブ活動等と両立できる高校・中等部を目指してきました。その結果クラブ活動をはじめ特徴ある学校行事、進学指導など様々な教育活動等の取り組み等が地域の方々から信頼と評価を得ております。 

 今日の国際社会では環境問題・文化対立・経済危機などグローバル化、ボーダレス化した諸問題が毎日のように語られております。これからの複雑で不透明な時代において、私たちは、国際社会において貢献できる心豊かで逞しく生きていく人材の育成に努めて参ります。四訓の一つ「若き日に汝の智能を磨け」はより高いレベルの知を求め、志を持ち挑戦する態度の育成にあります。中学、高校、大学の学園連携が図られる中、その利点と人的財産を最大限に生かし未来のリーダーを育てていくことが学校の責務だと考えております。

このページの先頭へ