数字で見るGYOSEI

仰星がわかる!6つのこと

1進学実績が多い

2020年度入試(35期生、のべ人数)

国公立大学
22名

(うち4名が中高一貫生)

関関同立
72名

(うち11名が中高一貫生)

産近甲龍
115名

(うち8名が中高一貫生)

東海大学
46名

(うち8名が中高一貫生)

高いレベルの文武両道をめざす本校の生徒は国公立大学をはじめ、難関私立大学合格に向けて充実した学習活動を実践しています。
昨年度は一貫生を中心に高い進学実績を残しました。

2大阪トップレベルのクラブ

2019年度(のべ数)

2019年度
1年間で
中高あわせて

40回

近畿大会以上の大会に出場!

※大阪府のみの大会での優勝を含む

昨年度1年間で、のべ40回の近畿大会以上の大会に出場することができました。
高いレベルでの文武両道をめざす本校の多くのクラブは、大阪トップレベルの実力を持っています。

3活発なクラブ活動

2020年度現在

全校生徒の約9割がクラブに所属しています。
クラブに所属していない生徒でも学校外のスポーツクラブや団体に所属し、ほとんどの生徒が文武両道を実践しています。

4蔵書がたっぷり

2019年度現在

約47,000冊

さまざまなジャンルの本が揃うメディアセンター。雑誌から専門書まで生徒それぞれの興味・関心に合った本を読むことができます。

5生徒の出身地は関西圏が中心

2020年度4月現在

中等部在籍者 地区別人数 高等学校在籍者 地区別出身中学校

6学校全体が一つのチーム

2020年度4月現在

男女比は例年3:1程度!
中・高ともに専願受験で入学する生徒が多いのが特徴です。

pagetop