図書館の活用

約4万冊の蔵書とIT環境を備えるメディアセンター。豊富な図書から生徒の興味関心を広げ、生徒の目標に合わせた学習スタイルの確立を支えています。

メディアセンター

本校の2号館には約4万冊の蔵書がある図書館の機能を持ったメディアセンターがあります。このメディアセンターは図書館としての機能だけではなく、日々の授業や学年集会、コンピュータを利用しての学習、放課後の自習室などさまざまな場面で利用され、いわば学びの拠点となっています。

お勧めの本の紹介

新しく入った本や時期に応じて、お勧めの本を紹介してくれるコーナー。話題の映画が公開されるとその原作や内容にまつわる本を紹介してくれます。また、本のリクエストも受け付けており、タイムリーな本を読むことができるのも特徴です。

IT学習コーナー

通常は約50名のキャパシティがあるこのコーナー。調べ学習やプレゼンの発表会など普段の教室とは少し違った雰囲気で活動できる場所です。もちろんWiFi環境も整備されているので、iPadやノートパソコンでインターネットを利用した学習も進めることができます。

自習室

放課後になるとIT学習コーナーを中心に、メディアセンターは自習室になります。さまざまな形のテーブルがあるので、お気に入りの場所で下校時間ぎりぎりまで学習に取り組むことができます。入り口にロッカーがあり、クラブの荷物などはそこに預けられるので集中して学習に取り組むことができます。

図書活動について

本校では、登校後の10分間を「朝読書」の時間として設定し、読書で1日のスタートをきります。メディアセンターにある多くの本はその場面で利用されます。保護者の方も医療することができるようになっているのも特徴です。また、中学生により読書に親しんでもらおうと学年ごとにテーマを決め、読書を推進する活動を行なっています。

図書活動について

中1 読書パズル

新しく入った本や時期に応じて、お勧めの本を紹介してくれるコーナー。話題の映画が公開されるとその原作や内容にまつわる本を紹介してくれます。また、本のリクエストも受け付けており、タイムリーな本を読むことができるのも特徴です。

中2 読書の旅

読書の旅カードを生徒一人ひとりが持ち、本を読み終えるごとに国旗のシールをもらい、カードに集めていきます。地球を何周できるかを競いつつ、読書を進めていきます。

中3 ビブリオバトル

今では全国大会も行なわれているビブリオバトル。自分のお勧めの本を紹介し、そのプレゼンを競うものです。3年生では1年間の読書の成果として、年度末にビブリオバトルを行なっています。

pagetop